高卒・新卒・高校生のための就職求人サイト

ハリアー研究所が提供する高卒・新卒・高校生向けの定着率 NO.1就職求人サイト!全国の勤務地や職種、採用実績校などから検索が可能です。

株式会社ユニオン《大阪》

ユニオン

2次募集積極企業!
業種:
メーカー
職種:
技術系
勤務地:
大阪、関西エリア

私たちは東証⼀部上場企業ユニチカ株式会社100%出資のガラスビーズ製造⼦会社です。粒径わずか数ミクロン~数ミリという、"⼩さな"ガラスビーズ(ガラスの⽟)の製造を⾏っています。路⾯標⽰塗料⽤や、反射材用、ブラスト⽤、フィラー⽤、スペーサー⽤など、ガラスの透明性、硬さ、強度、形状(真球性や均⼀性)という特徴を活かし⼈々の暮らしの中で様々なシーンで役⽴つ製品づくりに取り組んでいます。

幅広い分野で膨大なニーズがある「ガラスビーズ」メーカー。日本国内では圧倒的なシェア

当社が製造している「ガラスビーズ」。聞き慣れない製品のようですが、実は日常生活でも度々目にする機会がある製品です。当社はこの幅広い分野で使用されている製品の、国内有数のメーカーです。

夜間、⾞のライトにより道路の⾞線が⽩く光って⾒えやすいのはなぜだと思いますか︖それは再帰性反射効果のある「ガラスビーズ」が使⽤されているから。当社は路⾯標⽰塗料⽤をはじめ、交通安全⽤品などに使われる反射シート⽤ガラスビーズの製造を⾏っており、⼈々の交通安全に貢献しています。

ガラスビーズは、球状である特性を⽣かした研磨材として各種⼯業部品の精密加⼯にも活躍。その他、均⼀な膨張収縮性を⽣かしたプラスチックの強化材、精密なスペーサーとしても使⽤されています。当社が製造する⾼いポテンシャルを持つガラスビーズは、⾃動⾞や電⼦機器、塗料、⾦属、樹脂、製紙、家電、原⼦⼒、⽔処理、医療など、広範囲な産業で活躍しています。

ガラスビーズというニッチな産業の⼩さな会社ですが、国内ではトップメーカーです。 「ユニビーズ」という商標で、多種多様なガラスビーズの⽣産を⾏っており品揃えの豊富さでは世界⼀です。新しい商品開発も進⾏中。「輝き」の先に何が必要か――。現在の価値の次に、どんな価値が求められるか、ガラスビーズの可能性を考え、よりよいモノづくりに取り組んでいます。

夜間、⾞のライトにより道路の⾞線が⽩く光って⾒えやすいのはなぜだと思いますか︖それは再帰性反射効果のある「ガラスビーズ」が使⽤されているから。当社は路⾯標⽰塗料⽤をはじめ、交通安全⽤品などに使われる反射シート⽤ガラスビーズの製造を⾏っており、⼈々の交通安全に貢献しています。

ガラスビーズは、球状である特性を⽣かした研磨材として各種⼯業部品の精密加⼯にも活躍。その他、均⼀な膨張収縮性を⽣かしたプラスチックの強化材、精密なスペーサーとしても使⽤されています。当社が製造する⾼いポテンシャルを持つガラスビーズは、⾃動⾞や電⼦機器、塗料、⾦属、樹脂、製紙、家電、原⼦⼒、⽔処理、医療など、広範囲な産業で活躍しています。

ガラスビーズというニッチな産業の⼩さな会社ですが、国内ではトップメーカーです。 「ユニビーズ」という商標で、多種多様なガラスビーズの⽣産を⾏っており品揃えの豊富さでは世界⼀です。新しい商品開発も進⾏中。「輝き」の先に何が必要か――。現在の価値の次に、どんな価値が求められるか、ガラスビーズの可能性を考え、よりよいモノづくりに取り組んでいます。

立ち止まらず、「改善」をキーワードに前進を続ける社風。社員全員でより良い職場を作る

当社の親会社は東証一部上場のユニチカ株式会社。
その100%子会社として、ユニチカのガラスビーズ事業部の製造を支えています。
長年培った知名度と信頼、確立された販路により安定して業績を上げています。

株式会社ユニオンでは製造現場や検査、出荷、開発など、社内各所で改善に力を入れています。
製造工程でのミスを無くすことや、製品の品質を高めるだけでなく、働く人の負担を軽減したり、作業方法や製造現場の安全性を高めることも常日頃から意識しています。

改善は「改善提案」として普段から、すべての社員が取り組んでいます。
社員全員が職場環境の改善に取り組み、一人ひとりが会社を支えていると実感できる社風です。

当社の親会社は東証一部上場のユニチカ株式会社。
その100%子会社として、ユニチカのガラスビーズ事業部の製造を支えています。
長年培った知名度と信頼、確立された販路により安定して業績を上げています。

株式会社ユニオンでは製造現場や検査、出荷、開発など、社内各所で改善に力を入れています。
製造工程でのミスを無くすことや、製品の品質を高めるだけでなく、働く人の負担を軽減したり、作業方法や製造現場の安全性を高めることも常日頃から意識しています。

改善は「改善提案」として普段から、すべての社員が取り組んでいます。
社員全員が職場環境の改善に取り組み、一人ひとりが会社を支えていると実感できる社風です。

仕事のツボ

ガラスビーズの製造は人と機械の共同作業

丸くて細かいガラスビーズ。安定した高品質な製品造りは機械だけでは難しく、人の知識や経験が非常に重要です。
当社では、入社後さまざまな経験を重ねてもらい、高品質な製品造りの担い手や、将来のリーダーとなるべく人材を育てていきます。

外に出ても、家にいても目にする機会がある?用途が広いガラスビーズ

ガラスビーズは日常生活であまり縁がないようでいて、実は身近にたくさん使われている製品です。
道路に描かれる各種路面標示は、ガラスビーズにより、車のヘッドライトを反射して、夜間の視認性を向上させ交通安全に寄与しています。同じく道路標識や工事現場などで使われる安全ベストが反射するのもガラスビーズが使われているから。またTシャツや帽子、靴などのアパレル製品にもガラスビーズの入った反射材が使われています。さらに塗料の生産や、金属や樹脂の表面仕上にもガラスビーズが使われています。

常に取り組んでいる「生産性向上活動」。業務の効率化と安全強化にもプラス

当社の特徴のひとつが全社で取り組んでいる「生産性向上活動」。
具体的には業務や社内で「やりにくいなぁ」「大変だなぁ」「無駄だなぁ」など感じたことを、改善・改良する活動です。年3回の発表会の場で、各チームが成果発表を行います。特に優れた活動成果は「改善提案」として申請することで、報奨金を受け取ったり、個人業績の評価にもプラスされます。また、改善の成果が安心して仕事に集中できること、業務の効率化につながることなどから、社員も積極的に活動しています。

先輩からのメッセージ

  • 中野 祐樹 Yuuki Nakano

    入社年月:2018年1月

    出身校:大阪市立淀商業高校

  • 紹介で何となく入社。不安を消してくれた、入社後のマンツーマン指導

    私の場合、入社のきっかけは人伝の紹介でした。
    知り合いが会社の方と懇意にされていたのがきっかけです。
    私が就職活動中と聞いて「一度話を」と声をかけられ、面接を受けました。

    会社とか仕事のことは何も知らなかったのですが、入社してから1~2カ月はマンツーマンの指導を受けながらの勤務だったので、未経験でもしっかりと身につきました。

    基本は自動運転。製造機械のチェックとトラブル対応が主な仕事

    今、自分が担当しているのはガラスビーズの製造です。
    材料を機械に投入したら基本、自動運転で作業は進むのですが、
    私の役目はその間にトラブルが出て機械が止まったりしないかチェックし、トラブルが出た時の対処まで行っています。
    このトラブルに気付くのには経験が必要です。自分も気付けるまで時間がかかりました。

    失敗した時に言われるのは「同じ事を繰り返さないやり方を考えよう」

    以前は製造の後工程となる包装の仕事もしていました。
    その時、コーティングの工程で失敗をしたことがあります。
    当然、叱られるわけですが・・・ガミガミと言われるのではなく、
    「どうしてこうなったのか」
    と原因の追及と今後、こういうことを起こさないためどうすればいいか、を一緒に考えるというものでした。
    おかけで同じ失敗をすることはありませんでしたね。

    圧倒的シェアを支える品質は、日々の改善活動が生み出す

    当社のガラスビーズは国内で圧倒的シェアを誇っています。
    そのためずっと黒字を出しているんですが、それを支えているのは「改善活動」だと思います。
    これは誰かがやるのではなく、社員全員が参加して行うもので、改善するポイントと改善案を考え、定期的に発表するというものです。
    会社を支えるのに自分も参加している、と強く実感できる活動です。

  • 渡邊 拓朗 Takurou Watanabe

    入社年月:2009年4月

    出身校:鎮西学院高等学校

  • 安心の大手系列で、スキルが身につく仕事というのが入社の決め手

    高校新卒としての就活は、特に強くどこかの会社や業種を探していた、というものではありませんでした。
    ただ、ユニチカの子会社と聞いて「安心かな」と思ったのは覚えています。
    あと、サービス業ではなく製造業なので、何かスキルが身につくかなぁ、と考えて入社しました。

    ミクロン単位の製品を作る機械を、人の手で支える

    扱うガラスビーズは粉のように微細なものもあります。
    だから製造は主には機械がやるのですが、洗浄など人の手で行う作業もあります。
    コーティング作業はドラム状の槽にガラスビーズを入れ、処理液は決められた仕様に応じて、人の手でセットしています。
    製品の特性や品質が決まる作業なので、少し緊張もしますね。

    社内コミュニケーションがとれる職場

    黙々とやっているイメージがある製造の仕事ですが、現場では同じラインの人間同士でコミュニケーションをとる機会が結構あります。
    当社は研修を兼ねた社員旅行や、年3回の懇親会が行われています。この時に他の部署の人たちと話し、交流を持つチャンスがありました。
    社内でも部署間に壁はないので、普段からいろいろな話もしています。

    上司は肩書きではなく「〇〇さん」と、気軽に話せる社風

    有名企業の子会社なんですが、社内の雰囲気はフランクです。
    例えば上司や役員といった人たちと話す時も、肩書きで呼ぶことはありません。
    「〇〇さん」と気軽に話しかけています。
    上の人から頭ごなしになにか言われた、ということはありませんね。

  • 渡邊 拓朗 Takurou Watanabe

    入社年月:2009年4月

    出身校:鎮西学院高等学校

  • 田中 友人 Yuujin Tanaka

    入社年月:2014年4月

    出身校:大阪府立東淀川高等学校

  • 有名大手の子会社で実家から近い、というのが入社の決め手

    高校を卒業したらすぐ働くつもりだったので、就活にも取り組みました。
    1社目の面接を受けたけれど落ちて、2社目を探していた時に父と相談したところ、
    「ユニチカの子会社だし、実家とも近いからいいんじゃないか」
    ということで面接を受けました。

    単身寮で交替制勤務時の通勤の問題もクリア

    入社した当時は新人でも三交替制の勤務。時間や交通事情を考えると通勤は大変だと判断して、寮に入ることにしました。
    おかげで通勤の大変さとは無縁で続けられました。
    でも今は新卒の人は1年ほどは日勤のみで、仕事に慣れることが優先されています。

    働くモチベーションを刺激する改善提案は個人の評価もプラス

    実は重量物を動かす作業が結構あり、ガラスビーズの加工をするため職場も暑かったりします。
    そこで少しでも身体の負担を和らげるような改善提案を何度もしました。
    改善提案が採用されると報奨金が出たり、個人評価のプラスになったりします。
    目に見えて反映されると、モチベーションが刺激されますね。

    現場の意見を取り入れ、働きやすい職場環境を実現できる会社

    製品の包装まで終えると次は出荷前作業。出荷に使うパレットはそれまで地面に置かれ、そこに製品を積み上げていくカタチでした。
    しかし重い製品を地面まで下ろすのは身体に相当な負担となります。
    そこでパレットの位置を地面から高くしたり動かせる工夫をして、身体への負担を軽減する改善提案を行ったところ、採用されました。
    現場からの改善提案は結構、取り入れられています。

メリットマーク

企業情報

設立 昭和60年
代表者 代表取締役社長 山田 英明
本社所在地 〒573‐0145 大阪府枚方市大峰南町10番1号
資本金 9000万円
事業内容 ガラスビーズ製造
※ユニチカ株式会社(100%)

[生産している品目]
路面標示塗料用ユニビーズ
粉砕・分散用ユニビーズ
ブラスト用ユニビーズ
フィラー用ユニビーズ
高精度ユニビーズ
反射材用ユニビーズ
従業員数 60名
担当者 総務部 部長 真柄幸一
メールアドレス magara@unibeads.co.jp
企業HP https://www.unibeads.co.jp/

他にもオススメの企業をチェック!

プレミアムウォーター株式会社

株式会社ナニワ電装《大阪・兵庫・愛知》

働きやすいを当たり前にします!

株式会社岡電気工業所《大阪》

成長できる環境があります!

株式会社バウムビルド

「安定した暮らし」を実現できます!

Copyright © Hrier Labo Co., Ltd. All Rights Reserved.