高卒・新卒・高校生のための就職求人サイト

ハリアー研究所が提供する高卒・新卒・高校生向けの定着率 NO.1就職求人サイト!全国の勤務地や職種、採用実績校などから検索が可能です。

第3回 高卒新卒入社で会社の取締役にまで昇進

高卒就職者のその後を追うことで、進路指導の現場に多角的な見方を提供する本連載。今回は、飲食店を経営する会社で取締役にまで昇進した男性を取り上げる。

学校の求人票はイメージできない

中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が入社3年以内に離職することを意味する「七五三現象」という言葉がある。高校生の場合、二人に一人が早期離職しており、新卒で入社した会社で一環として働く若者に会えることは稀だ。

お好み焼店「Big-Pig」などを展開するスマイルリンクルの須藤剛さん(34歳)は、「学法石川」で知られる石川高等学校を卒業後、同じ会社で働いている。
「高校時代はずっと野球に明け暮れていて、アルバイトの経験もありません。進学は考えていませんでしたが、就職するにも自分が何をしたいのかがわからない。わからないから、就職の相談をすることすらできませんでした。学校に届く求人票を見ても、どんな仕事かもイメージ出来ない状態でした。」
そう、須藤さんは高校時代を振り返る。
「結局、父親と今の会社の社長が知り合いで、父親から社長を紹介してもらい、東京の店を見に行きました。自分はバイト経験もなく、もちろん飲食業の経験もありません。だけど、仕事は楽しそうに見えました。小学校の卒業式の文集に、将来はコックさんになりたいと書いていたことを思い出しました。社長の面接を受けて、高校3年の3月に上京。親に初期費用を出してもらい、千葉県浦安市の家賃5万2000円のアパートを借り、今の会社に通い始めました。」

入社後は、キッチンからスタート。お好み焼きの焼き方を一から学んだ。半年程度で客前に出せるようになった。
入社5年目には店長になり、バイトの採用や仕入れ、人材の教育からメニュー開発まで行うようになった。
そして、30代になると店舗を離れ、本社で管理する側に。各店舗の予算の管理など、今では同社の営業管理部長、取締役にまで昇進している。

私生活でも結婚し、一軒家も購入した。収入も都内の大卒総合職と比べて引けをとらない。むしろ、給料が安く抑えられがちな飲食業界で働いていることを考えれば、勝組と言えるだろう。
高卒就職者を多く見てきた筆者にとっても、須藤さんのように高卒新卒でここまで順調に出世してきた人は珍しい。筆者が取材中にそんな感想を漏らすと、須藤さんもこう話した。
「確かに、高校時代に新卒で就職した仲間が30人いますが、今でも同じ会社で働いている人は一人もいません。」
では、なぜ須藤さんは他の友人と違って同じ会社で働き続けられたのか。そう、筆者が問うと、須藤さんはこう答えた。
「給料とやりがいでしょうか。特に給料は飲食業界自体が全体的に低いのですが、うちの会社の場合は、働いた分だけきちんと評価されているように感じます。」

年に一度は沖縄へ社員旅行

さらに須藤さんは、「働き続けられた理由」に同社の社風も挙げた。
「人間関係を大事する社風で、社員も現在25名という規模ですから、家族のような感じです。月に1回は全社員が集まって、食事を共にしています。年に一度は沖縄に社員全員で旅行に行くなど、社内イベントもたくさんあります。そうした影響もあるのか、定着率がとてもいいんです。」

同社は2016年から本格的な高卒の新卒採用を始めている。これまで入社した高卒新卒9名は一人も離職していないという。

須藤さんは現在、採用を担当する立場でもある。高校生へのメッセージを求めると、須藤さんはこう話した。
「自分が何をしたいのか。わかっていない人が大半だと思う。だから、やりたいことを見つけるキッカケを求めて就職するという考え方でいい。自分が成長できる環境を与えてくれる会社を見つけられるかがポイントです。」

成長できる環境として、須藤さんが一例を挙げたのが同社の社内のベンチャー制度だ。
現場スタッフから店長まで昇進すると、その先は本社の管理職に回るか、独立するかの二択になる。しかし、管理職に多くの席はない。そのため、独立を目指す社員に資金を貸し出すなど応援する仕組みがあるという。

もっとも、都心部の高校生には進学希望者が多く、地方は地元志向が高まり、高校生の採用には苦戦しているようだ。そのため、地方出身者向けの寮を準備するなどの対策を行っているが、新たな挑戦もあるという。
「現在はお好み焼き店や、しゃぶしゃぶを提供する店などを展開していますが、これまでとはジャンルの違うケーキ店を今年から展開する予定です。夜間の飲食業というイメージから枠を広げ、その分、うちの会社に興味を持ってくれる人が増えれば嬉しいですね。」
そう語る須藤さんはどこか楽しそうだ。まだ見ぬ出会いを楽しみにしているのだろう。

仕事が楽しい。当然だが、これが、須藤さんが働き続けられた最大の理由に違いない。

Profile

須藤剛さん(34歳)

34歳とは思えない貫禄溢れる須藤さん。責任ある仕事をこなし続け、自ら勝ち得た自信に溢れていた。

出身校/石川高等学校
出身地/福島県石川郡
居住地/東京都府中市
家族構成/既婚(妻・子供一人)
住まい/持家・戸建て
職業/営業管理者
年収/600万円以上
経歴/高校卒業後、知人の紹介でスマイルリンクルに入社。
店長、マネージャーを経て、現在同社取締役に。

Copyright © Hrier Labo Co., Ltd. All Rights Reserved. modaal