高卒・新卒・高校生のための就職求人サイト

ハリアー研究所が提供する高卒・新卒・高校生向けの定着率 NO.1就職求人サイト!全国の勤務地や職種、採用実績校などから検索が可能です。

第1回 青森から東京の会社に就職

高卒就職者のその後を追うことで、進路指導の現場に多角的な見方を提供する本連載。今回は、都内のアパレルショップで販売員として働く女性を取り上げる。

社員向けのシェアハウスが魅力

若者の地元志向の高まりが指摘されるが、東京への憧れを持つ若者もいる。佐々木雛乃さん(20歳)もその一人だ。
佐々木さんは青森県の東奥学園高等学校の出身。同級生の三分の二は就職を選択し、その約9割は地元の青森県内で就職するという。
「他府県の企業に就職したのは片手で数えられる程度でした。私は東京への憧れがありました。『いきなり東京は怖』いと、まずは仙台で就職する子もいるのですが、結果として仙台から出ない人もいます。だったら、もう初めから東京に行こうと思いました。」

就職先は学校に届いた求人票から探した。佐々木さんは情報科学科に在籍し、ITパスポート試験などの資格を取得していた。資格を生かせる事務系の仕事を探したが、東京の会社の求人の大半は、パチンコ店か工場だった。佐々木さんは魅力を感じなかった。
そんな中で、「これだ!」と見つけたのが、佐々木さんが現在勤める「ファインズ東京」の求人票だった。

ファインズ東京は東京都渋谷区に本社を置く、ファッション業界に特化した販売職の派遣会社だ。首都圏の大手ブランドショップに販売員を派遣している。高卒はここ数年60程度を採用しているが、今年度は100名の採用を目指し、高卒採用に力を入れている。
高卒の新卒採用はファインズ東京が雇用主となり、それぞれの派遣先で働く「派遣型正社員」という働き方だ。転職をせずとも様々なブランドショップで働く経験が積めるのが魅力だ。同社によれば、派遣先で実力を認められ、派遣先企業に正社員で採用されることもあるという。

「アパレル業界を希望していたわけではないのですが、ファッションへの関心が強い母親の影響もあって、オシャレは好きでした。」
そう志望動機を話す佐々木さんだが、就職の決め手には別の要因がある。
同社が地方出身者や自宅通勤が困難な社員に向けて準備しているシェアハウスだ。家賃に光熱費、インターネット通信料など住居にかかるすべてのコストを含め、月額3万円で準備している。
「コストを低く抑えられるし、家具を一から揃える必要もない。何より、青森からいきなり東京での一人暮らしは不安が大きい。シェアハウスなら仲間もいるので、ホームシックにかからないと思いました。」

また、同社では住居だけではなく、365日24時間体制で、相談窓口も設置。生活全般の悩みをいつでも相談できる。こうした取り組みが受けてか、同社の高卒新卒採用の8割は地方出身者が占めるという。

プラス30分の休憩時間

高校を卒業した3月に本社で研修を受け、さっそく4月からルミネ新宿のブランドショップの販売員として働き始めた。同社によれば方言で苦労する地方出身の社員もいるというが、佐々木さんはこう話す。
「たとえば青森ではゴミを捨てることを『ゴミを投げる』と言います。言葉の違いは感じましたが、標準語にもすぐに慣れ、苦労はしませんでした。接客はマニュアルで対応できるものではなく、経験がものを言います。最初は見様見真似の部分もありますが、次第に自分のやり方でできるようになりました。」

佐々木さんは現在入社3年目。いくつかの店舗を経験し、現在は伊勢丹新宿店内のブランドショップで働く。
佐々木さんの一日はこうだ。
起床は8時半。身支度をして9時過ぎに家を出る。シェアハウスから勤務先の新宿までは電車でわずか3駅。勤務は10時~19時半。その間に1時間半の休憩がある。
「立ち仕事の販売職ならではですが、昼食時の休憩に加えて、夕方にも30分の休憩があります。食事は社内食堂も利用できますが、外食することが多いです。」

仕事のやりがいを聞くと、こう答えた。
「自分が勧めた服を買ってくれたお客さんが再度来店して『また来たよ』と言ってくれたり、バッジをつけているので名前を憶えて呼読んでくれたり、そうしたときに仕事のやりがいを感じますね。ノルマではないですが、販売員個々に『予算』が与えられ、それをクリアできたときも嬉しいです。」

現在の勤務先の新宿という立地から、様々な人が店を訪れる。高額な商品をポンポンと買う人に驚いたり、訳がありそうな男女の対応をしたり、そうした人間観察も楽しい。

ただ、華やかなアパレル業界ならではの苦労もあるようだ。
「人に見られる商売なので、見た目には気を使っています。そのため、化粧品やネイルなどにお金がかかり、貯金が思うようにできません。私が外食ばかりしていることも原因の一つなのですが…。」

具体的な将来の目標はまだないが、「いつかは店長やバイヤーになれれば」と話した。

Profile

佐々木雛乃さん(20歳)

二十歳とは思えない大人っぽい佐々木さん。日々、接客しているからなのか、受け答えもしっかりしていた。

出身校/東奥学園高等学校
出身地/青森県青森市
居住地/東京都中野区
家族構成/独身(二人姉妹の長女)
住まい/シェアハウス
職業/販売員
年収/約230万円
経歴/高校卒業後、ファション業界に特化した販売職の派遣会社・ファインズ東京に就職。現在、入社3年目。

Copyright © Hrier Labo Co., Ltd. All Rights Reserved. modaal