高卒・新卒・高校生のための就職求人サイト

ハリアー研究所が提供する高卒・新卒・高校生向けの定着率 NO.1就職求人サイト!全国の勤務地や職種、採用実績校などから検索が可能です。

第7回 専門高校から飲食業界に就職

高卒就職者のその後を追うことで、進路指導の現場に多角的な見方を提供する本連載。今回は、高卒後に飲食店に就職し、同じ飲食業界の会社に転職した男性を取り上げる。

高校卒業時に調理師免許を取得

母子家庭に育った。
「大学進学は経済的に難しいかもしれない。高校を卒業したら就職しよう。」
幼心にそう感じていたと、川端裕貴さん(24歳)は振り返る。

就職に強い高校に行こうと思った。ただ、自分が何をしたいのか。どんな適性があるのか。さっぱり、わからない。
母親から薦められたのが、埼玉県立越谷総合技術高等学校だった。同校は、工業系の電子機械科、情報技術科。商業系の流通経済科、情報処理科。家庭系の服飾デザイン科、食物調理科の6学科から成る、1986年に開校した専門学科の総合高校だ。
「母親から『6学科もあるから、一つくらいやりたいこと見つかるでしょ。』と紹介された。
食物調理科に興味を持ちました。幼いころから母親を喜ばせようと家事を手伝うようになり、料理の経験はあったし、卒業と同時に調理師免許が取得できるのも魅力でした。」

希望通り、越谷総合技術高校に進学。高校時代は厳しかったと振り返る。
「実践的な実習授業も多く、先生方も厳しかったですが、社会人になったときに感謝しました。言葉遣いなど、仕事に対する姿勢が卒業時には身についていました。3年生のときに年間を通じて取り組む研究では、先生も一緒に汗をかいてくれる。そうして結びつきも強くなり、今でもメールをしたり、飲みに行ったりすることもあります。」

就職と進学は半々程度。進学組は、高校時代は学べなかったお菓子の専門学校に行ったり、さらなる専門知識を深めようと栄養学を学ぶために大学に進学したりする仲間がいた。
川端さんは就職を目指したが、学校に届く大量の求人票から自分に合った会社を選ぶのは難しかった。和食がやりたいと伝え、先生から紹介された東京都内の割烹・弁当事業を行う会社に就職した。

入社4年後の2017年11月。川端さんは「山本のハンバーグ」を展開する俺カンパニーに転職する。理由は大きく二つあった。
「初任給は約16万円。入社4年目には27万円程度になっていました。高卒就職の4年目では妥当な給料なのでしょうが、同じ高校からフレンチレストランに就職した仲間が月収30万円を超えていると知り、自分ももっと稼ぎたい。ほかの会社で自分のチャンスを試したいと思うようになりました。」

ただ、それはキッカケに過ぎない。2つ目は社内環境だった。
「いわゆるワンマン経営。レストランも経営していましたが、そこで経営者を迎えたとき同じものを出してもある日は『しょっぱい』、次の日は『おいしい』。大丈夫かなと。入社4年目でしたが、まだ煮物などは触らしてくれず、仕事が制限されることも不満でした。」

飲食業界で必要なのは「やる気」

飲食業界専門の就職情報会社を利用し、5社の面接を受けた。面接前にはそれぞれの店に通った。現在の会社を選んだ理由は、
「社長が若く、エネルギッシュに感じた。」

高卒後は和食に進んだが、洋食に挑戦してみたいと思った。給料は前社と同水準だったが、休日が年間120日と大幅に増えた。実質的な昇給だった。
入社後は同社で最も忙しい「山本のハンバーグ」渋谷食堂に配属された。最初の4か月は付けあわせの準備など、アシスタント的な役割を担った。5か月目あたりから、先輩社員がつき、ハンバーグの焼き方を覚え始めている。同社によれば「2年たっても焼けない人もいる」というから、相当、センスを見込まれたのだろう。
「チェーン店などと違って個人に裁量があり、個別の能力を評価してもらえるのは嬉しい。」

新しい会社での川端さんの挑戦はまだ始まったばかりだが、悩むこともあるようだ。
「3つ年下の彼女から結婚したいと言われた。お互い、まだまだ若いし、遊べばいいとも思いますが、そう言われると意識してしまう。とにかく今は仕事を頑張るしかないが、将来的には家庭を持って、独立してでも食べさせて行けるようにしたい。」

前社は社員数200人程度で、年配の人もいた。将来の姿をイメージすることもできた。現在の会社は皆若く、将来の姿は自分で作っていかなければならない。

本連載を通じ、飲食業に勤める高卒社会人と何人も会った。
休日が少なく、業界全体的として他業界に比べ給与が安い。皆が同じような不満を持っていた。川端さんに飲食業界を目指す高校生へのアドバイスを求めた。
「中途半端な気持ちで入ると、途中で退社するなど、中途半端な結果になります。飲食業はやる気がないと続きません。入社後は言われたことに文句を言わず、素直に聞いて、貪欲に学ばないといけない。つまり、やる気がないと仕事は続かないと思います。」

Profile

川端裕貴さん(24歳)

高校時代の同じ学科を卒業した男子8人で、今でもよく会う。全員が高卒後に就職した会社にはいないという。

出身校/埼玉県立越谷総合技術高等学校
出身地/埼玉県越谷市
居住地/東京都北区
家族構成/独身
住まい/賃貸マンション
職業/飲食業
年収/約350万円
経歴/高校卒業後、割烹・弁当事業を行う会社に就職するも、2017年に俺カンパニーへ転職した。

Copyright © Hrier Labo Co., Ltd. All Rights Reserved. modaal