高卒・新卒・高校生のための就職求人サイト

ハリアー研究所が提供する高卒・新卒・高校生向けの定着率 NO.1就職求人サイト!全国の勤務地や職種、採用実績校などから検索が可能です。

第8回 工業高校から大手メーカーに就職

高卒就職者のその後を追うことで、進路指導の現場に多角的な見方を提供する本連載。今回は、「第一希望だった」という東証一部上場企業に就職した男性を取り上げる。

バイト先から「社員にならないか?」

本間正士さん(29歳)は東京のど真ん中、新宿で生まれ育った。
初めて練馬工業高校(東京都練馬区)に足を運んだ際は驚いた。
「学校周辺に畑があって、東京にもこんな場所があるのかとびっくりしました。」

勉強は得意ではなかった。家庭が経済的に苦しいことはわかっていた。
「とにかく私立ではなく、都立高校を探しました。本当は、男子校は嫌だったのですが、仲のいい友達も進学するし、機械いじりは嫌いではなかった。先生が推薦枠に推してくれて、練馬工業高校に入りました。」

高校時代は大好きなバスケットボール部の活動に精を出した。
部活終了後はアルバイトをした。自宅近所で時給が高かった喫茶店で働いた。平均して月に8万円程度稼いだ。夏休みなどは14万円ほど稼げることもあった。稼いだお金の半分は自宅に入れ、携帯代金は自分で支払っていた。

「うちで社員にならないか?」
高校の卒業が近づいてくると、アルバイト先の上司からそう声をかけられた。社員になった場合の給料も提示された。
「仕事が評価されて嬉しかったのですが、店長や副店長の姿を見ていると、予算や人事労務にいつも疲れていました。あれが将来の俺か……嫌だなと…。」
本間さんはそう振り返る。

一方、高校3年生になり、学校での就職活動が始まった。練馬工業では進学する生徒はほとんどおらず、本間さんも就職しか考えていなかった。
「一人に対して15社ほどの求人があり、とても恵まれていました。数ある求人票のなかで重点的に見たのは、給料とボーナスです。だいたい、給料は月に16万円くらいかなと思っていたのですが、18万円を超えるところがあり、ここがいいと。」
それが、現在も本間さんが勤める日本金属だった。求人票を確認すると、ボーナスも年間2か月以上支払われていた。
「給料のほかに残業も気になりました。求人票に月に5、6時間と書いてあり、これなら大丈夫だと。実際に働き始めても、月の残業時間はその程度でした。」

本間さんは日本金属の求人票を掲げ、進路指導の先生はもちろん、クラスメイトに懇願したという。
「『俺、ここ行くから。みんな被らないで!』と求人票を持って各クラスを回っていました。その甲斐もあって、練馬工業から日本金属を希望したのは自分一人でした。」
高校時代を笑ってそう振り返った。

高校時代の友人を自社に引き抜く

本間さんは日本金属(東京都港区)に入社後、同社の板橋工場に工場技術職員として配属された。

日本金属はステンレス精密圧延技術で他を圧倒する、東証一部上場の鉄鋼メーカーだ。
ステンレスを20ミクロン・710ミリ幅まで製造できる極薄専用の圧延機までを稼動している。そうして生まれた同社の製品は、自動車部品や家電など、あらゆる場所で採用されている。

工場は24時間稼働しているため、3つの時間帯(8時~16時/16時~23時半/23時半~8時)のシフト勤務になる。
「入社したばかりの頃は仕事もできず、先輩に『見て覚えろ』と言われましたが、夜勤のときは眠たくて大変でした。」

そんな本間さんも、今年で入社12年目。仕事の責任も変わってくる。
「一つの機械に2~3人がつき、その責任者を親方またはチーフと言います。早ければ25歳くらいで親方になり、自分も上司から次はお前だと言われています。」

現場の役割とは別に、職位は一般、技師、技師長、統括と昇格する。技師長になるのは早くて40代後半になるが、管理職試験を受ければ総合職に移ることもできる。
「自分は現場で技術を身に付けていきたい」

生活には満足している。
23歳で結婚し、すでに3人の子どものパパだ。25歳で100平米、3LDKの一軒家も購入した。
「住宅ローンは会社名を伝えただけで『大丈夫ですね』と言われました。大企業に勤めていて良かったと思った瞬間です。」

会社には野球、サッカー、バスケット、バレーの4つの部活動があり、本間さんはバスケット部に所属。今は部長を務め、週一回は練習に取り組む。社員同士の仲はいい。
「高校時代の仲間で集まったとき、最初に入った会社で働いているのは自分くらい。いわゆるブラック企業に入社した仲間も多い。そうした仲間に声をかけ、グループ企業に相談し、転職で採用してもらいました。」

すでに高校時代の仲間3人を引き込んだという本間さん。それだけ自分が働く会社に誇りを感じているからに他ならない。

Profile

本間正士さん(29歳)

夏の工場内の暑さは大変だと話す本間さん。技術を磨くため、仕事のための勉強は欠かさないと話す。

出身校/東京都立練馬工業高等学校
出身地/東京都新宿区
居住地/埼玉県蕨市
家族構成/既婚(子供三人)
住まい/持ち家(戸建て/3LDK)
職業/工場技術職員
年収/約520万円
経歴/東京都立練馬工業高等学校卒業後、2007年に日本金属に入社。
同社板橋工場に配属される。

Copyright © Hrier Labo Co., Ltd. All Rights Reserved. modaal