ハリアー研究所が提供する高卒・新卒・高校生向けの定着率 NO.1 就職求人サイト!全国の勤務地や職種、採用実績校などから検索が可能です。

  • 17th years with you
  • お気に入り
  • 最近見た求人
  • 先生マイページ

第1回 あこがれの新宿、渋谷へ!


大澤 茜音さん
3人兄弟の末っ子で~す!
|株式会社 MUGEN 入社5年目/出身高校:岩手県立久慈工業高等学校/現在:なかめのてっぺん丸の内店勤務|

平成25年の4月に東京へ!1人暮らしの良かったこと

3人兄弟の末っ子で、すっごく甘えん坊だったんです。それで自立したいと思ったので東京に就職で出てきたんです。
良かったことは何でも自分でやらなきゃならないので、大変なんですけど、自然と自分でできるようになることが増えていくこと。それが良かったなあって思います。
それと、友達といっぱい遊べる。大学進学の友達とか東京に結構出てきているので、うちに来て一緒にご飯を食べたりとか…楽しんでます笑。


1人暮らしのつらかったこと

とにかく大変なことが多い!
料理 が大変、家事が大変、掃除・洗濯するという事が大変でした。母親の大変さとありがたみを実感しました。
でも一番つらいのは寂しくなっちゃうことです。友達ともいつも休みが合うわけでもないし、たまにみんなと遊んだ後に1人で帰ってきたときとか、夜遅く仕事から帰ってきたときなど、ふとすごく寂しくなっちゃいます。
実際に初めてこっちに来て、引越し終わって親が、じゃ帰るねってバイバイって出て行った瞬間直後から涙が止まらなかった笑!


ホームシックが抜けるのに2年かかりました・・・笑

ホームシックはなかなか抜けなかったです。今でもたまに実家に帰ると、あぁ~実家がいいなって、お母さんいいなって、思いますもん…笑
2年はかかったかな~?東京に出てきてすぐの右も左もわからないとき、仕事で不安なとき、仕事ができないとき、叱られた時も、などなど。ちょっと嫌になった時、泣きたくなった時、実家に帰りたくなりました・・・。高校時代にアルバイトもしたことが無かったので最初は不安だらけでしたから。


ホームシック対策は?

まずは自然体で無理はしないこと。
私は休みのたんびにお母さんに電話をしました。やっぱり声を聞くと安心するし、また頑張ろうって気になりました。
そして、大学でこっちに来ている友達とできるだけ会う様にしていましたね 。

その上、自分にご褒美を!
趣味を充実させようって、映画ビデオを借りてきて、ケーキとかチョコレートとか甘いものが大好きなので、散策がてらぐるぐる回りながら、ここはおいしそうって、お店を探しといて・・・、自宅でケーキを食べながら気になっていた洋画を観るのが楽しみでした。

プラス思考で東京ライフを満喫する!
東京ライフを満喫するために卒業前から東京に行ったらこんな生活しようって決めてました。
休日は渋谷行って~、原宿行って~、新宿行って~などなど。自分で自分を元気にするためにストレス発散で楽しんでました。
仕事では一生懸命頑張るけど、お休みの時はむっちゃメイクしてかわいい服を着て楽しむ 。仕事とオフの日を完全に分けています笑!


休みの日はどんな過ごし方?

休日にスイーツのお店を探索するのが日課!

仕事終わる時間が遅いので、深夜に帰ってきて、お風呂に入ったらすぐ寝て~、お昼過ぎぐらいに起きて、洗濯して、その後メイクとか、どの服着ようとか~。
友達も大学の授業終わっているので新宿とか渋谷で待ち合わせして、夕方一緒にご飯を食べて、わいわいとプリクラ撮って、晩10時頃に帰るって感じです。普段とリズムはあまり変わらないから次の日の仕事が楽かもです。


余談・・・自転車通勤の際には気を付けて!

地方では自転車通学が当たり前だったので、当然東京でもって安易に考えたら要注意です。
東京は特に渋谷は坂道が多い。そのうえ交通量も多いので、雨の日は合羽(カッパ)着ての通勤がベストです。
上って下って、仕事して、自転車こいで体力がつきました笑。でも雨の日は合羽で視界が見えずらいし、深夜でも交通量が多いので後輩の皆さん気を付けてくださいね!


半年住んだら生活に自信がつく。スマホが命!

閑静な住宅街にあるのでロケーションは最高!

入社して半年くらい、10月頃になって、やっとこっちでやっていけるぞ!って気持ちになりました。
最初の1ヶ月~2ヶ月はふわふわしていたけど、半年くらいして、どこに行けば何が買える、病院とか、美容院とか、どこに何があるとか生活圏のイメージができあがる。それが半年間はかかったかなぁ、実は携帯があれば全て解決する、携帯でひたすら探しました笑。


物件決定までのプロセス

明るく快適な室内!

2月に入ってから2種類の部屋の写真と間取りが送られてきて「どちらがいいですか?」と。少し狭いかなと思いましたが、東京の土地勘もなければ何もわからない中、会社が全部手配してくれたのはとても有り難かったです。
2年が過ぎ、ボーナスをきっかけに、駅から近くて、広いところに引っ越そうと思い…そして今は新しいところに移っています。


余談・・・住まい探しの注意点

東北出身の人は1Fには住まないこと!虫が嫌だった。岩手にはご●●りがいないので……汗。


1人暮らしの感想

1人暮らしってすごく大事だな~って思います。実家に居たら分からない事を、ちゃんと自分が経験できる。経験した上で大人になれる。だから絶対した方が良いと思います。
実家から通いながらもできるけど、親に甘えたままではわからないこととか、経験つめるし、楽しいことだけじゃないけど、大人になっていく中で大事なことだと思います。
自立したいって思い上京してきましたが、今は自立する事の大切さを実感しています。


ちょっと家計簿拝見

入社当時は総支給額が23.5万円、そこから家賃5.5万円、住民税、年金、社保、その他福利厚生費を引き手元に残るのが約13万円。
水光熱費は5~6000円(平日はほとんど利用しないから安い)、携帯電話代が1万円、生活消耗品・メイク代が5~6000円 、食費は1万円(昼も夜も賄い食なので食費はほとんどかかりません)、残りは交際費に、好きな嗜好品、洋服代に全部使ってました笑!
仕送りはしていません。貯金も2~3年はせずに遊んでいました。ストレス発散で東京ライフを満喫してました。お金はたまらないけど借金だけは絶対にしないと決めて。


最後に後輩の皆さんにメッセージ

東京に出てくるときは自分でどういう自分になりたいか!覚悟をもって、やらないとどっかで折れちゃう。

お気に入りの近所のケーキショップ

どういう仕事をして、どういう暮らしをして~、これしたいな~、あそこ行きたいな~、楽しいことのイメージをもって沢山もってきた方が良いです。
分かんないし、人多いし、こわいし、などマイナスなイメージばっかりをもたないように気を付けてください。
辞めたくなる時は沢山あると思うけど、その時はちっちゃいご褒美を(ケーキ、 映画など)自分にあげる、友達に会って元気をもらう、好きな音楽だけ聴いてみる、など自分なりの処方箋を持っておいた方が良いです。

それでは、これから始まる就職活動を悔いが残らないよう頑張ってください!