高卒・新卒・高校生のための就職求人サイト

ハリアー研究所が提供する高卒・新卒・高校生向けの定着率 NO.1就職求人サイト!全国の勤務地や職種、採用実績校などから検索が可能です。

新日本海フェリー株式会社/東京九州フェリー株式会社

シンニホンカイフェリー/トウキョウキュウシュウフェリー

業種:
職種:
接客サービス系、技術系、専門職系
勤務地:
北海道エリア、東北エリア、京都、福井、新潟

北海道と本州の間の往来を支えてきた「新日本海フェリー」。国内でも最大・最速クラスの大型フェリーを最も多く所有しています。これまでにたくさんの人や車両を運ぶ「海上の輸送インフラ」として、国内の旅行・物流の一翼を担ってきました。そして2021年には横須賀と新門司港を結ぶ新たなフェリー会社として、東京九州フェリーが開業予定です。

「海上の輸送インフラ」の正常な運航を実現する、全国の港での勤務

150台以上のトラックと600名以上の旅客を一度に運べる大型フェリー。入港してからの下船作業、船内の清掃・点検、その後の乗船作業までを限られた時間内でこなしています。
これらの作業が正確なダイヤによる大型フェリーの運航を支え、スムーズな往来で北と南の港をつないでいます。今回は日本中の港で、この正確なダイヤ運航を支える職種の募集です。

たくさんの人と車両を運ぶ大型フェリーも、屋外での改札を手軽にできるタブレットも、売上等の数字を管理するパソコンも、動かすのはすべて「人」である、と考えています。
だからこそ、長く働き続けられる条件や環境作りに力を入れています。独身寮、マイカー通勤、さまざまな研修に加えて、先輩・後輩や上司・部下が何でも気軽に話せる社風も長く続けられる理由です。

出港を見送る時はひとつの仕事がうまく終わった瞬間でもあります。

これから旅立たれるお客様を笑顔でお出迎えし、送り出す。接客の場面が多い仕事でもあります。

車両の改札は駐車場で行い、乗下船の誘導も行うなど、外での仕事もあります。

出港を見送る時はひとつの仕事がうまく終わった瞬間でもあります。

これから旅立たれるお客様を笑顔でお出迎えし、送り出す。接客の場面が多い仕事でもあります。

車両の改札は駐車場で行い、乗下船の誘導も行うなど、外での仕事もあります。

24時間、眠らない港を支えている「人」を重視する会社

従業員食堂でのひと時は仕事の合間のリフレッシュになります。。栄養と活力を補給し、リラックスできる瞬間です。食事手当により個人負担無しで食べられます。

通勤が困難な人には独身寮もあり。また勤務地によっては、マイカー通勤が必要な場合もあります。

職場の仲間同士でイベントに参加することもあります!

従業員食堂でのひと時は仕事の合間のリフレッシュになります。。栄養と活力を補給し、リラックスできる瞬間です。食事手当により個人負担無しで食べられます。

通勤が困難な人には独身寮もあり。また勤務地によっては、マイカー通勤が必要な場合もあります。

職場の仲間同士でイベントに参加することもあります!

仕事のツボ

旅客・車両の乗下船は内外の現場が一体となったオペーレーション

大型フェリーが到着すると、係船作業などでスタッフが動きます。
その後、先に旅客・車両の下船作業を済ませた後、新たな旅客・車両の乗船作業へと移ります。
旅客のお客様はカウンターにてチケットの発券の後、乗船時の改札を済ませてから船室へとご案内します。
車両は駐車場から誘導して乗船した後、必要なら固定も行います。
どの仕事もひとりではできないことなので、船内でも屋外でもチームワークが要となる仕事です。

窓口でも駐車場でも。人と接する機会が多い仕事

窓口での発券や電話応対は「会社の顔」としての仕事です。
乗下船作業でも車両の固定などでドライバーさんと直接、
接する機会があります。
だからいつでも笑顔で、丁寧に接することを心がけています。
社外の業者さんに発注をかける機会などもあり、
コミュニケーション能力が活かせる場面がたくさんありますよ。

入出港に合わせた勤務シフト。深夜手当や従業員食堂などサポートも充実

勤務はフェリーの発着時間が中心となるので、
勤務シフトもいろいろなものがあります。
勤務も休日も交替制だから、
自分自身の時間管理が自然と身についてきます。
深夜の勤務など大変なこともありますが、
深夜割増とは別に発生する深夜手当や寒冷地手当、
勤務中の従業員食堂での食事が個人負担無しなど、
条件面でしっかりと応えています。

先輩からのメッセージ

  • 高松翔太

    入社年月:2019年4月1日

    出身校:双葉高等学校 普通科

  • 入社動機

    学校に届いた求人票の中から新日本海フェリーを見つけて、見学を申し込みました。実際に職場を見てみたところ、オフィスが真面目な雰囲気だったこと、社宅などの設備が整っていることが印象的でした。たくさんの人や荷物など生活に必要な物を運び、物流業界を支えている会社だと知って「すごい」、と感じたのが入社動機です。

    仕事とやりがい

    ヘルメットを被り、船内でトラックの誘導などをしているのですが、誘導の仕方ひとつとっても最初はわからないことばかりでした。それが先輩や上司にご指導をいただき、わからなかったことやうまくできなかったことを、一人でうまくやれた時にやりがい感じています。

    成功談と失敗談

    仕事では先輩がマンツーマンでわからないことなどを教えてくれます。そして自分が仕事でミスをしてしまった時、指導係として先輩が責任を取ることになった時、とんでもないことをしてしまったと激しく後悔しました。それからはとにかくミスを無くそう、と心がけています。

    成功談としては仕事でわからないことについて、先輩や上司から教えていただいたことが、実際の現場で活かせたことです。

    会社のここが自慢

    年間休日が120日あり、週休2日でしっかりと休めます。シフト制なので希望を出せばある程度は通るので、それらをうまく使って自分の時間を持てることですね。しっかりと仕事をする一方で、プライベートも充実できる職場だと思います。

  • 佐藤彩香

    入社年月:2019年4月1日

    出身校:新潟県立新潟商業高等学校

  • 入社動機

    高校でビジネスマナーやパソコンなど情報処理のスキルを身につけ、これを活かせる接客の仕事を探していました。いくつかの説明会に参加して、印象に残ったのが新日本海フェリーでした。大きなトラックや震災時の支援車両輸送など、日本の物流に大きく貢献していると実感。一見すると接客とは無縁のようですが、求人票で窓口業務やご案内でお客様と関わることが多いと思い、就職試験を受けました。

    仕事とやりがい

    乗船時のご案内や窓口業務、電話応対など、お客様との接点が本当にたくさんある仕事です。それらの仕事をしている際、「ありがとう」や「頑張って」と、ちょっとしたお言葉をいただいた瞬間に、「この仕事をしていてよかった」「もっと頑張ろうと、やりがいを感じますね。それに出港していくフェリーを見ていると、自分も旅客・物流を支えている一員なんだな、と実感します。

    成功談と失敗談

    失敗談は、窓口で対応したお客様にお釣りを渡し忘れてしまったことです。出港に間に合わず、お客様にだけでなく、先輩方やフェリー、他の支店にまで迷惑をかけました。それからは確実に渡したかをメモして、確認するようにしています。

    成功談は自作で作成した資料が周りのスタッフに役に立ってくれたことです。自分が学んだことやメモに残していたことを資料としてExcelでまとめて、後輩へのマニュアルにしたことです。他にも在庫管理などをしているのですが、集計がしやすいように計算表を作るなどして、日々の業務改善にもつなげています。

    会社のここが自慢

    国内でも最大・最速レベルのフェリーを最多保有している会社で働けることですね。日頃の物流はもちろん、震災時は支援活動の移動手段として、社会にも貢献している、と感じられます。また、大阪の本社をはじめ、小樽本店、札幌支店、苫小牧支店、秋田支店、東京支店、名古屋営業所、敦賀支店、舞鶴支店と全国に拠点がある会社なので、安定感も感じています。

  • 佐藤彩香

    入社年月:2019年4月1日

    出身校:新潟県立新潟商業高等学校

  • 栗林翔大

    入社年月:2019年4月1日

    出身校:秋田県立男鹿海洋高等学校

  • 入社動機

    母校の海洋高等学校では船について学んでいました。だから就職先も船に関係のあるところを希望して、いろいろと調べている時に進路担当の先生から勧められたのが、新日本海フェリーでした。この会社のフェリーはとても立派で、大きいだけでなくキレイな内装と設備が充実した、『海上ホテル』のようでした。この業界についても知れば知るほど興味が湧き、入社したいと思いました。

    仕事とやりがい

    仕事では乗下船作業や電話応対、ターミナル内の設備点検など幅広く担当しています。たくさんのお客様や乗用車・貨物車が動く乗下船がスムーズに進んだ時は、とても大きなやりがいを感じます。その一方で電話などの対応をしている時に、お客様から「ありがとう」といっていただいた時にも大変やりがいを感じています。

    成功談と失敗談

    ターミナルの点検をしていた時に見落としがあったこと、これが失敗談ですね。その時は先輩から指摘していただけたので無事でした。それからは必ず、指差点呼での確認を徹底しています。

    成功談では乗下船作業がスムーズに行った時ですね。その時は特に車両の数がたくさんだったので、
    それが何事も無く終わって、先輩や上司から褒められた時はとても嬉しく思いました。

    会社のここが自慢

    当社のフェリーは国内でも最大・最速クラスです。
    それが旅客と貨物の双方を同時に、長距離移動させているところですね。日本国内における物流の大きな部分を占めていると常々感じています。

メリットマーク

企業情報

設立 1969年6月11日
代表者 代表取締役 入谷泰生
本社所在地 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目5番25号梅田阪神第一ビル15階(ハービスOSAKA)
事業所
資本金 19億5000万円
売上高 約387億円
事業内容 一般自動車・旅客の海上輸送
貨物の海上輸送並びに取扱業
自動車運送取扱業並びに自動車運送業、観光事業並びに損害保険代理業
従業員数 484名
担当者 総務課 主任/谷峰寿
企業HP http://www.snf.jp/

他にもオススメの企業をチェック!

大阪砕石エンジニアリング株式会社


第一石産運輸株式会社

Copyright © Hrier Labo Co., Ltd. All Rights Reserved. modaal