高卒・新卒・高校生のための就職求人サイト

ハリアー研究所が提供する高卒・新卒・高校生向けの定着率 NO.1就職求人サイト!全国の勤務地や職種、採用実績校などから検索が可能です。

第9回 工業高校からスーパーマーケットに就職

高卒就職者のその後を追うことで、進路指導の現場に多角的な見方を提供する本連載。今回は、首都圏に店舗を展開するスーパーマーケットに就職した女性を取り上げる。

食品科がある都立の工業高校に進学

渡邉舞さん(25歳)は、東京都立中野工業高校の出身。中野工業は1学年では全員が共通した科目を学ぶが、2・3学年ではそれぞれが選択したコースの専門科目を学ぶ。渡邉さんは「食品工業類型」を選択した。

「母子家庭に育ち、働きに出る母親の代わりに、小さいころから台所に立ち、妹の食事を準備することもありました。中学校では家庭科のクラブに入り、漠然と調理師などに興味を持ちました。そんな理由で、食品に関する知識を学べる中野工業高校を選びました。食品科があることで、ほかの工業高校に比べると女子が多かったです。」

入学当初は調理関係の専門学校に進もうとも考えていたが、先に調理の専門学校に進んだ先輩の話を決めて断念したという。
「学費のこともありますが、私、食べ物の好き嫌いがとても多いのです。梅とかトマトは絶対に食べられません。先輩の話を聞いて、嫌いなものを作り続けるのは、とても耐えられないだろうと思いました。」

高校時代「天職」を見つけていた。高校3年間、ファミリーレストランの「デニーズ」でアルバイトをした。土日も働き、月に10万円弱は稼いでいた。
人とかかわることが好きで、笑顔が素敵な渡邉さん。接客の仕事はとても水があった。仕事場でも評価され、いっそのこと、ここに就職したいとも思った。
「正社員としての求人があるか聞いたことがあります。だけど、『大卒しかない』と言われ、バイト先での就職はあきらめました。」

高校での就職活動は「接客」に関する仕事一本に絞った。居酒屋やスーパーなど、合計5社の会社見学に行った。
「居酒屋は朝帰りになることも多く、職場近くに住むように言われるなど、少し大変な気がしました。接客という点では最も身近なスーパーに決めようと思いました。」

実際に利用したこともあったマルマンストアを希望した。
渡邉さんが高校を卒業したのは2012年の3月。まだ、東日本大震災の影響が強く残っており、面接の場では「被災地からも例外的に採用しています。」と言われた。筆記試験に自信はなかったが、持ち前の明るさでマルマンストアから内定を得た。

マルマンストアは1962年創業の老舗企業。
首都圏に店舗を拡大するスーパーマーケット事業に加え、「肉の丸萬」として飲食店や学校給食などに食肉を中心とした卸売業も展開している。現在、都内にスーパーを9店舗運営しており、今後も拡大予定だ。
地方の高校からの就職者も多く、彼らに向けた専用の社員寮も準備されている。

レジ打ちの全国大会で入賞したい

渡邉さんは現在、入社7年目。
代々木上原店、中野店を経て、現在は椎名町店に勤務している。
各店舗は店長を頂点に、野菜や惣菜など部門別にチーフがいる。渡邉さんは入社以来レジ部門を担当し、現在は椎名町店のレジ部門のチーフに昇格している。

仕事内容はレジ打ちに留まらない。パートさんシフト管理も重要な仕事の一つだ。予算額内におさまるよう、パートさんの仕事を調整し、シフトを組んでいく。
「仕事とはまったく関係のない、家庭の愚痴などをパートさんから聞くのも、大事な仕事の一つです。」

社員もパートも関係なく、レジ打ちはまず、本社近くのトレーニングセンターで研修を受けるという。研修後は店舗で社員がオブザーバーとしてつく形でレジ打ちをし、問題がなければ一人でレジを打つようになる。
「レジを通すスピードは慣れで早くなる面もありますが、商品カゴへの入れ方はセンスが問われます。重たいものは下に。崩れやすいものは一旦外になどは基本ですが、商品に傷をつけず、なおかつお客様がとりやすいように並べるのが重要なんです。」

渡邉さんには、いつかはレジ部門全体の責任者になるという目標もあるが、やはり現場が好きなようだ。
「実は3年ぐらいで辞めて、飲食店のようなもっとお客さんとコミュニケーションのある場所で働きたいと思っていました。だけどスーパーもとても交流があるんです。若い方はあまりお話されないですが、常連の年配の方などは『今日はこれ作る』とか、毎日顔を合わせるのが楽しみです。」
渡邉さんに声をかけたいからと、ほかのレジが空いていても、渡邉さんのレジ前に並ぶお客さんもいるという。

渡邉さんにはもう一つ目標がある。AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催のチェッカーフェスティバルで入賞することだ。
毎年行われるレジ打ちの全国大会で、接客技術を競い合う。
今年はマルマンストアの代表者として出場したが、入賞は叶わなかった。来年こそはと意気込みを見せていた。

Profile

渡邉舞さん(25歳)

「就職した同級生の半分ぐらいはすでに会社を辞めてフリーターになっています。」と話す。

出身校/東京都立中野工業高校
出身地/東京都練馬区
居住地/東京都練馬区
家族構成/母と妹(独身)
住まい/実家
職業/接客・サービス
年収/約380万円
経歴/東京都立中野工業高校(食品工業類型コース)を卒業後、マルマンストアに就職。現在は椎名町店に勤務。

Copyright © Hrier Labo Co., Ltd. All Rights Reserved. modaal